子供との暮らし

飼い犬が亡くなってしまい気持ちが塞いでいます・・・

主のいなくなったハウス

毎日更新をしていたこのブログですが、しばらくお休みしていました。

じつは先日、我が家の犬(くう)が亡くなりました。

それからというもの、なんだか何もやる気が起こりません。

あんなに書きたいことがいっぱいあったのに、

どれもこれもすっかり頭の中から消えてしまい、ずっと書けずにいました。

くうが私たちの家族になった日

この住宅カテで、全然関係のないことを書くのは申し訳ないなと思いつつ

どこかで自分の気持ちに踏ん切りをつけなくては、まだまだ前に進めそうにないので、この場所を借りることにしました。

16歳の老犬で、大往生だったと言いたいところですが、8年くらい前から謎の大腸炎を発症。

以来、亡くなるその日まで、ずっと苦しい日々を過ごしてきました。

症状は、とにかく常に下痢。

一日に何度も何度も。

ここ数年は、肛門近くの大腸に潰瘍ができてしまい、つねに残便感があるようでしぶり便がひどく、時には脱腸をしてしまうほどでした。

初めは一人っ子でした。

栄養を腸で吸収できないことで、外へ行くと石や草を食べてしまい、散歩へ行くこともままならず。

(ミネラルなどを本能的に摂ろうとするそうです)

足りない栄養を得ようと食糞もするようになってしまいました。

1か月に何度も病院へ通い、血液検査や内視鏡検査を繰り返し

毎日大量の薬を飲ませ、アレルギー用の特別なドッグフードをいくつも試し

あらゆる手は尽くしたはずなのに、いっこうによくなる気配すらない。

ほんとうに、くうにとっても、私たちにとっても、長くて苦しい日々でした。

親バカですが、とっても優しい顔をしていました。

あまりにも症状がひどく常に下痢、血便が続いているので、部屋の中に放し飼いにできる状態ではなく

ハウスに閉じ込めておくことしかできませんでした。

どこかへ遊びに行っても、くうのハウスをきれいにしなきゃと時間ばかり気になるし

仕事から疲れて帰ってきても、まずはくうのハウスの掃除から

正直、嫌気がさしてしまうときもありました。

1年後には相棒(チョコ)もできました。

こんな状態で、いつもいつもお腹が痛くて、いつもいつも閉じ込められてて

ただ生きてるだけで、くうは幸せなんだろうか

苦しくても、一番つらいのはくうだからと踏ん張ってきましたが

この思いはいつもいつも私の心の中にあって

亡くなった今でさえ、消えることがありません。

もしかしたら、子供が生まれたことがストレスだったんだろうか。

もしかしたら、うちに飼われなければ、こんな苦しい思いをせずにすんだんだろうか。

こんなことを考えたところで、何の意味もないことは分かっているんですが、ぐるぐる同じことばかり考えてしまいます。

いつもくっついて昼寝していました。

主がいなくなってしまったハウス。

亡くなる前は、くうが死んでしまったあとは何に使おうか、なんて言っていましたが

本当にいなくなってしまった今、何も考えられずにいます。

とりあえず掃除だけでも

ゲートを外すだけでも

という思いはあってもなかなか行動に起こすことができず、水入れの容器さえそのままハウスに置きっぱなしの状態です。

チョコは1年前から天国で待っています。

元気だったころは、よく公園へ散歩に行きました。

花の匂いを嗅ぐのが好きだったので、ハウスに花や緑を置いてあげようともうひと踏ん張り

自分に喝をいれて、供養してあげたいと思っています。

 

 

 





-子供との暮らし
-

© 2020 くらし考案