ハウスメーカー 家づくりのヒント 家を建てよう

新築引き渡し時の『営業さんへお礼どうする問題』65人にアンケートしてみた

我が家は自宅が完成してかれこれ6年目。

実は今でも心の中にモヤモヤしていることがあるんです。

とってもお世話になったにもかかわらず、きちんとしたお礼ができないまま営業さんがハウスメーカーを辞めてしまったのです。

引き渡し時には、もう胸がいっぱいで。

営業さんにお礼の気持ちを言葉で伝えただけでした。

今になってこんな風に思うのは、自分の家が大好きで、とても楽しい家づくりができたから。

お世話になった人たちに、もっと特別なことができたんじゃないかって思うのです。

というわけで、ツイッターのフォロワーさんにこんな投票アンケートをしてみました。

【質問です】

家が完成した後に営業さんや監督さんに何かお礼をしましたか?

した方は、どのタイミングで、何をしたか教えてください

営業&監督さんは、嬉しかったエピソードがあれば聞かせてください

引用:ツイッター

なんとこの質問に65人もの方が投票してくれました。

今日は、この投票アンケートの結果をもとに新築引き渡し時の『お礼どうする問題』を考察していきます。

 

 

新築引き渡し時の『お礼どうする問題』アンケート結果

新築引き渡し時の『お礼どうする問題』アンケート結果

特に何もしないが63%、お礼をした人は少数派

まずは投票の結果から見ていきましょう。

引き渡し時に特別なお礼をしましたか?

個人的には意外な結果です。

なんと『何もしてない』が65人中41人(63.1%)という結果になりました。

次いで『営業さんと監督さんにお礼をした』が16人(24.6%)

営業さんにお礼をした』が8人(12.3%)

監督さんにお礼をした』は0人という結果です。

なんか監督さん、ごめんなさい・・

半数以上の人は特別なお礼はしていないそうです。

 

フォロワーさん16人にコメントを頂きました

今回の投票アンケートでは投票のほか16人の方にコメントを頂きました。

それぞれの方の立場を分類するとこんな感じになります。

いろいろな立場の方の意見を聞くことができました。

ありがとうございます。

皆さんのコメントの内訳をまとめてみました。

アンケートコメントの内訳

皆さんのコメントをご紹介していきます。

 

新築引き渡し時には営業さんにお礼をしたというコメント

タマホームで建築されたうんちくさんはご自身のブログの関連記事を載せてくださいました。

うんちくさんの記事によると、ポチ袋に諭吉さんを数枚入れて営業さんに渡されたそうです。

実は皆さん『そういう』お礼を渡しているのかしら、と思い今回このアンケート投票をしたのです。

結果的には『何もしていない』方が半数以上だったわけですけれど。

意外と現金を渡すというのは少数派なのかもしれません。

 

新築引き渡し時に営業さんと監督さんにお礼をしたというコメント

まずは地域密着の建設会社で建築されたふみしらさんのコメントです。

営業さん兼監督さんということで、『両方にお礼した』にカウントさせていただきました。

うんちくさんの現金に対して、ふみしらさんはギフトカード5,000円だそうです。

金額まで書いてくださってありがとうございます。

私も仕事上お世話になった方に商品券を差し上げることがよくあります。

仕事の内容によって5,000円や3,000円と分けているのですが、そのくらいの金額だと現金よりも商品券やギフトカードのほうがなんとなくいいですよね。

今は色々な種類のギフトカードがあるので、営業さんや監督さんによって変えてみても面白いかもしれません。

コーヒー好きの監督さんだったらスタバのギフトカードなんていいかもしれません。

スターバックスカード一覧(スターバックス公式HP)

出典:スターバックス

 

お酒好きの営業さんにはお酒のギフト券なんてどうでしょう。

 

 ギフト券をもらった人が3種類の中から好きなビールを選べるんですって。

出典:日本ロイヤルガストロ倶楽部

これはビール好きにはたまらないプレゼントですね。

 

続いては、セキスイハイムで建築された白い坊ちゃんのコメントより。

引き渡し時に洋菓子をプレゼントされたそう。

実は今回『監督さんと営業さん両方にお礼をした』という5人中3人がお菓子をあげたとコメントしてくださいました。

こちらはヘーベルハウスで建築されたシェフえもんさん。

確かに、季節に合わせたお菓子は喜ばれそうです。


 

夏だったらこんな涼しげなゼリーもいいですね。

感謝の気持ちが今にも溢れだしそうな人はこんなのもいいかも。

心の声が焼き付けられたおせんべい。

お子さんがいらっしゃる営業さんや監督さんだとお菓子は喜ばれそう。

小分けになっているモノなら会社に戻ってほかの方にもおすそ分けができていいですね。

こちらのコメントは住友林業で建築されたもりっちさん。

もりっちさんは監督さん、営業さん以外にもインテリア、外構さんにもお礼の品を渡されたそう。

確かに、当日監督さんや営業さん以外にもいらしているのに営業さんや監督さんだけに渡すとなると、ちょっと気まずいかもしれません。

引き渡しの日に誰がいらっしゃるかを事前に聞いておいた方がいいかもしれませんね。

ちなみにもりっちさん大絶賛(世界一美味しい!)のおせんべいはこちらだそうです。

出典:小倉山荘

現在楽天での取り扱いはないそうです。

もりっちさん絶賛の嵯峨乃焼を見る(小倉山荘WEB本店)

世界一美味しいおせんべい、気になります・・

営業さんと監督さん、両方にお礼をしたという最後のコメントを見てみましょう。

ポラスで建築されたマロンさんのコメントです。

こういうパターンもあるようです・・。

 

新築引き渡し時に特別なお礼はしていないという人のコメント

まずはシンプルなChelseaさんのコメントからどうぞ。

正直、私もこれに近いかと思います。

何しろ引き渡しに舞い上がりすぎてて特別なお礼をするなんて発想が頭からスコンと抜けていました。

そして今頃後悔しているわけです・・。

続いてこちらはFPの家で建築されたietatemamaさんのコメントです。

ハウスメーカーによってはアフターも営業さんが来てくださるところもあるので、落ち着いてからゆっくりお礼をするというのもいいかもしれません。


 

引渡し前より時間があるのでじっくり贈り物を選べるところもいいですね。

次は『何もしていない』と答えたアキさんのコメントです。

アキさんは工務店で建築された方です。

なるほど!と思わず唸ってしまいました。

私は最初から最後まで楽しんで家づくりができました。

なんなら今でも家にいるのが楽しいです。

それはハウスメーカーがどうとか家の性能がどうとかよりも、営業さんが完璧なフォローをしてくれたから。

もしも今、営業さんが辞めずにいてくれたらいろんな人におすすめしたと思うんです。

だけど今はいないから、自分からはおすすめしません。

同じハウスメーカーだとしても、他の営業さんは知らないですからね。

ハウスメーカーを紹介するって、そういうことだと思ってます。

さて、しんみりしたところで『何もしていない』勢の最後のコメントです。

こちらはセキスイハイムで建築された八郎さんのコメントです。

営業さんではなく現場の施工業者さんにペットボトルのお茶や個包装のお菓子の差し入れを持って行ったとのこと。

あらたなテーマ『現場の差し入れどうする問題』が浮上してしまいました。

現在ヘーベルハウスで建築中のズブロッカ大佐のコメントです。

終わった後よりも工事中に大吟醸やらアイラモルトを奮発する予定とのこと。

工事が終わってからの意見も是非聞いてみたいです。

こちらは工務店で建築中のまつみんさん。

週3で飲み物や栄養ドリンク、お菓子が入ったクーラーボックスが現場に置いてあるなんて、職人さんたちも喜んでくれそうですね。

『現場の差し入れどうする問題』については別の記事でまとめてみたいと思っています。

 

新築引き渡し時の『営業さんへお礼どうする問題』について営業さんはどう考えている?

新築引き渡し時の『営業さんへお礼どうする問題』について営業さんはどう考えている?

今回のアンケートでは注文住宅オーナーだけでなく、営業さんにも『嬉しかったエピソード』を聞いてみました。

答えづらい質問だったと思うのですが、ありがたいことに3人の営業さんからコメントを頂きました。

また、このアンケートと同時にYahoo知恵袋でも同様の質問をしたところ、2人の営業さんから回答を頂きました。

皆さんのコメントを紹介させていただきますね。

まずは積水ハウスにお勤めのフジモンさんのコメントからどうぞ。

『大体行っている竣工パーティー』にびっくりしてしまいました。

施主主催の竣工パーティーに営業さんを呼んでいいという発想がありませんでした。

どうやら契約前からフジモンさんがお客さんにお願いするそうです。

契約する前から完成後のパーティーをイメージさせるなんて、さすがです!

施主としても、完成後に営業さんを招待するつもりと分かっているほうが、バタバタせずに準備できそうです。

実は竣工パーティーに招待された思い出をコメントしてくれたのはフジモンさんのほかに2人もいらっしゃいました。

こちらは30年間住宅業界にいらした元営業たのさんのコメントです。

家が完成すると、友人や親せきを呼んだりと、何かとパーティーが多くなるかと思います。

だけど、家づくりの過程を一番よく知っているのは営業さんですから、完成パーティーのゲストとしては一番盛り上がるはずですよね。

自慢のお風呂だったら、お世話になった営業さんに是非入ってほしいかも。

現場監督時・住宅営業時、それぞれ竣工引き渡し後、

施主家見せ招待され感謝の意を伝えられた時、

やり甲斐を感じた事を覚えています。

引用:Yahoo知恵袋

そうですよね。

施主がやり切った!と達成感を感じていたら、営業さんも同じはず。

営業さんは施主にとって同志ですもの。

そんな営業さんに出会えたことに感謝ですね。

次は工務店にお勤めのしんごちゃんのコメントです。

我が家の営業さんがいない今、切ないコメント・・。

『引き渡しが終わりではない』ってとっても深いですね。

完成後のフォローも営業さんが担当してくれるのか、それともアフター専門の方がいらっしゃるのか。

この辺を完成前に確認しておいてもいいかもしれません。

さあ、いよいよ最後のコメントです。

喜んで頂ければそれで充分です。それ以外はなにも求めません。

引用:Yahoo知恵袋

コメントの順番を入れ替えてきれいにまとめた感が半端ないですけれど。

顔も名前も知らない相手に、こんなにシンプルに断言できるってすごいなと感じました。

自宅が完成した当時の私と、今の私と。

自分の中で明らかに違うところがあります。

それはツイッターを通じてお施主さんだけではなく色々な建築会社の営業さんや監督さん、設計士さんや施工会社の方とやりとりさせて頂いて感じていること。

みんなどんだけ家が好きなのよ!

もうね、家オタク?家バカ?

言過ぎかしら。

ごめんなさい。

とにかく、施主と同じくらいのエネルギーを持って仕事に打ち込んでるのよ、皆さん。

もちろん、中にはそうでない人もいるかもしれません。

この記事にもこんなこと書いてますし、ちょっとどうかなという営業さんもいるでしょう。

何が言いたいかというと、私は家づくり中、『自分(と家族)だけの家づくり』になってたんだと思うんです。

だから、家が完成したら自己陶酔して勝手に物語を終わらせちゃったのね。

でもこうやって色々な立場の人の言葉を聞いて、家っていろんな人と一緒に作り上げていくものだと知ったわけです。

もちろん、頭ではわかってましたけれどね、ハートで納得したのです。

『家づくり』のこういうところが好きです。

私のように、最後の最後で後悔しないように。

自分達らしい形で、営業さんや監督さん、その他関わってくれた方々に感謝の気持ちを伝えて家づくりを終えられるといいですね。

最後に。

もう一度引き渡し時に戻れるとしたらどうする?

わたしの答えはもちろん!

営業さんや設計さんらを招待して盛大に竣工パーティーです。





-ハウスメーカー, 家づくりのヒント, 家を建てよう

© 2020 くらし考案