メンテナンス 暮らしの手帖

嵐が過ぎて思う。家を守るために台風の前にしておくべきこと。

更新日:

台風24号、すごかったですね。
暴風が始まったとき、
1階のお風呂に入っていたのですが
お風呂から上がって3階のリビングに行くと
家がすごく揺れていて、
突風が吹くたび、シャッターのガタガタっという音に
身構えてしまいました。

木造の3階建てって、
結構揺れます・・・。

なかなか寝付けなかったので
録りためていた映画などを見てしばらく過ごしていたのですが
夜中の2時を過ぎ、
そろそろ寝なくてはと寝室へ行き、
無理やり寝ようと目を閉じるも
ちょうど頭上にある小さな明り取りの窓から
突風による圧のようなものが時々迫ってきて
外から何かがガラスを突き破ってくるんじゃないかと
不安でなかなか眠れませんでした。

台風でこんなに恐怖を感じたのは初めてかもしれないなぁ。

そんなときに限って
そういえば、トイレの幅木の上がすごい汚れていたなーとか
長男のパジャマのボタンが取れかかってたけど、どうなったかなとか
そんな、どうでもいいようなことを思い出しちゃったりして
ますます眠れなくなるという・・・。

そのうち、
完全に消えないまでも
電気がチカチカしてきて不安を煽られ、
今停電になったら
自動洗浄のタンクレストイレって
どうやって流せばいいんだろうと
トイレをうろついてみたり。

トイレはバケツで水を流せばいいとして
(うちのトイレには手動で流す機能はついていないようでした。)
じゃあ、お風呂はどうなっちゃうの??
ガスの給湯器だけど
リモコンが電気じゃん!!と
焦って検索してみたり。

地震対策として
水や食料を用意したり
我が家のキッチンはIHなので、
キャンプ道具のコンロをすぐに取り出せる場所にしまったりと
いろいろと対策はしているつもりなんですけど
台風で停電って
あんまり意識したことなかったなぁと
改めて、
自分の認識不足を実感いたしました。

昨日の朝のニュースでは
台風24号の影響で
いまだに停電が続いている地域があるようで
『平成最悪の停電』なんて言っていました。

我が家のある神奈川県でも
30日から1日にかけて大規模停電があったそうですが
幸いなことに、我が家は停電せずにすみました。

もしものときのために
非常用グッズを買い揃えておくだけでなく
もっともっとその先の、
それらを使わなくてはならない状況になったとき
何に不便を感じて
何があったらありがたいと思うのか。
今考えられることを、
もっと突き詰めて、
心積もりをしておかなくては、と反省しています。

首都圏直下型地震とか、
南海トラフとか
富士山噴火とか
テレビでやっていると
ついつい気になって見るんですけど
無駄に不安を煽られて
結局、
とりあえず必要なものは用意してありそうだし、と
その先のことを考えるのが怖くて。
まぁ、なんとかなる・・・でしょ?
と無理やり自己完結していました。

少なくとも、
台風は地震と違って
何日後にやってくるとわかっているのだから
もうちょっと対策ができるはずですもの。

今回の台風で
我が家の被害といえば
植木が2本、倒れてしまったこと。

命に関することでもないし
修繕費が発生するわけでもないし
被害だなんて言えるほどのものでもないけれど
もう少し、
台風が来てからの事をきちんと考えたり
自分にできるかぎりの対策をやっていれば
あんなにベッドの中で不安な気持ちになることもなかったのかなと思いました。

25号もすでに近づいているようですし
これをいい機会だと思って
家の周りを点検して
台風が来る前にやるべきことをリストアップしてみました。

 

植木の保護

遠めだとちょとわかりづらいんですけど、
ポキッといってしまいました。

こんな感じで根元から。
この木は以前の記事でも紹介したことのある
我が家の大事な『しかけ』の一部だったんですよね。

遊び心のある窓

昨日の記事ではリビングバルコニーの楽しみ方をご紹介しました。 こういう、自分たちの使い方次第で 楽しみ方が変わってくるのって 『遊び心』だと思うんですよね。 設計の段階で こんなことをしたり、 あんな ...

続きを見る

なので結構ショックです。泣

手前の小さい株はそのままいけそうな予感が・・・。
大きいほうは、ぐらぐらしていては危ないので
(子供たちがここから頻繁に出入りするので)
細かく切って処分することにしました。

この木のほかに
旧家を購入したときに知人からいただいた桃の鉢植え。
大切に育てていたので、
家を建て直したときに庭に直植えしたんです。
この桃の木が倒れてしまいました。

まっすぐに戻して、根元を踏みならして
麻のロープで補強して、様子を見ているところです。

台風が来る前には
グラグラしている植木がないかチェックして、
必要なら補強をしておこうと思います。

 

飛ばされてしまいそうなものは片付ける

こんなものまで倒れていました。
ガラスの球体(?)
下の子達が虫取りや砂遊びをするので
割れていなくてよかった・・・とホッとしました。

おもちゃ置き場になっている、主人お手製の東屋。
もしかして、いつもどおりの散らかりよう?という疑惑はありますが
明らかに吹き飛ばされているようなものもあり・・・。
台風が来る前くらいはきちんと全部箱にしまってあるか確認して
箱ごと物置にでも入れておこうと思います。

作りこんでいるのにナチュラルに見える庭が理想!お手本にしている大好きな本を紹介

目から鱗とはこの事か!! 発想がガラっと変わった運命の本!   ちょっと、大げすぎますかね?! いやいや、ほんとにそれくらい、 私にとっては衝撃的な出会いだったんですよ。 数年前に、お隣さん ...

続きを見る

玄関周りの植木鉢もいくつか倒れていました。
これらは玄関の中に避難させることに。

我が家の玄関のコンセプト

外国人がイメージするThe Japan を目指したい え??わかりづらいって?? よく言われます・・・ 昨日、玄関ドアの記事を書いたので せっかくなんで、もう少し玄関のご紹介を・・・ で、 冒頭の『外 ...

続きを見る


収納量と導線にこだわったシューズクローク

玄関はいつも綺麗にしておきたいから 大家族には、シューズクローク必須です 玄関を広くしたい訳はコチラの記事に書きましたけど、 だからいつもきれいにしていたい。 そのためにも、 うちは子供4人の6人家族 ...

続きを見る

こんなものまでぶら下げっぱなしだった・・・。恐ろしや。

 

ベランダの排水溝をきれいにしておく

今回の台風で、直接的な被害はなかったのですが、
これは常々危機感を持っているところです。
というのも、
我が家の3階のバルコニーは
屋外用のデッキ材で底上げしてあるのです。

2階以上のベランダに掃き出し窓を設置する場合、
防水上の理由により12センチ以上、またぎを作らなければならないんですけど
(詳しくは、住宅瑕疵担保履行法でググッてみると出てくると思います)

本当の理想は、
リビングと、バルコニーがフラットな状態、です。
バルコニーとリビングが続いているようで
広く見えるし、開放感があるし
素敵ですよね。
憧れていました。
1階リビングのお宅なら、
問題なく実現できるのですが
我が家のように3階リビングとなると(2階も)
掃き出し窓の下に、立ち上がりを作らなければならないんですよね。

2階以上のベランダの掃き出し窓をイメージしてみてください。
ベランダへ出る際に、
よいしょと、その立ち上がり部分をまたぎますよね。
それです。それ。

それが格好悪くて、どうしても嫌で。
苦肉の策として、
そのまたぎと同じ高さに、バルコニーの床をかさ上げしようということになったんです。

ちょとわかりづらいんですけどこんな感じ。

で、そのデッキ部分に小さい丸が二つあって
そこから排水溝、雨樋へつながっているんです。

この部分のデッキだけパカッとはずせば
排水溝が出てくるわけですけど
普段の状態だと、どのくらい排水溝にごみが詰まっているかわからないんですよね。

今回の台風では
なぜかバルコニーが葉っぱだらけになっていたので
台風の前後には排水溝のチェックをしておこうと思いました。

 

カーテンを閉めておく

初登場でしょうか?
我が家の裏側です。

こちらは前面の一部。
ご覧のとおり、シャッターがついている窓が少ないんです。
1階の母の部屋の掃き出し窓と引き違い窓。
3階のバルコニーの掃き出し窓の3箇所だけ。

しかも、
羽目殺し窓や明り取りの窓など
カーテンはおろかカーテンレールさえない窓も多いのです。

現実的に考えて、
築5年ほどの家の窓ガラスが
風圧だけで割れてしまうというのは
滅多にないことだと思うのですが
カーテン1枚、
あるのとないのとでは
気持ち的に全然違うと、
ガタガタ不穏な音を立てる
カーテンのない窓のすぐそばで寝てみて
一番に実感したことです。

普段はお恥ずかしながら
ほとんどのカーテンを開けっ放しですごしておりますが
(これは我が家のコンセプトでもあるのです。詳しくは下の記事からどうぞ。)

失敗しない家づくりのために今すぐやるべきことを統計付きで徹底解説

あなたにとって理想の家とはどんな家でしょうか。 失敗しない家づくりとは、どれだけ理想の家に近づけるかということ。 予算が限られた中での家づくりで一番難しいのは、自分の理想に優先順位をつけることだと私は ...

続きを見る

台風の前くらいは
ピシッとカーテンを閉めて過ごそうかと思いました。
(いまさら?!という突っ込みはご遠慮ください。笑)







人気記事一覧

1

プロパンガスの料金が高すぎる!! もうだいぶ前からずっと気にはなっていたんです。 現実と向き合うのが恐ろしすぎて長らく見て見ぬふりをしていたのですが、そろそろ毎月のプロパンガス料金が2万円を越してしま ...

2

売れるか売れないかわからない不用品の買取、まだ店頭で査定してもらってます? きれいに保存して、いつまでメルカリで売れるの待ってます? 不用品のために自宅を占領されるくらいなら、賢く買取してもらったほう ...

3

先日、私と子供たち4人で家じゅうの片付けをすることにしました。 子供たちには子供部屋のおもちゃスペースや本棚、そして勉強机の中をお願いしました。 私は家族全員の洋服の見直しから、納戸やシュークロークを ...

4

我が家の小学生の子供たちは、以前の記事にも書いたようにリビング学習をしています。 >>我が家の失敗ポイント 集中できないリビング学習について考える 上の子が5年生、下の子が4年生になりましたが一向に子 ...

5

とうとう、買ってしまった。 ここ数年、夏が来るたびに悩んでいたんです。 INTEXのすごく大きいフレームプール。 コストコにあるアレです。 あのだたっぴろいコストコの店内でさえ、すっごく大きくて存在感 ...

6

家を建てるときに、よく考えもせずに浴室乾燥機をいらないと判断した当時の自分が憎らしいです・・・。 新築して6年目になります。 やっぱり付けとけばよかった!! と思うことが多々ありました。 とは言え、総 ...

7

これはひょっとすると、 すごくナイスなアイディアだったかもしれない・・・ 以前、我が家のダメダメリビング学習の起死回生を図るため、 とっておきアイテム!! 『コクヨの学校生徒用デスク・椅子セット』を ...

8

こんなはずじゃなかった!!我が家のホスクリーン失敗エピソード 数ある我が家の家づくり失敗エピソードの中でも『やっちゃったな賞』上位にランクインのホスクリーン。 我が家のホスクリーン、ここが失敗 取り外 ...

9

前回までの記事で片付けられない子供を片付け上手にするための 親の心得と片付けルール 収納方法とおすすめの収納グッズ をご紹介してきました。 関連記事 片付けられない子供を片付け上手にする心得と片付けル ...

-メンテナンス, 暮らしの手帖

Copyright© くらし考案 , 2020 All Rights Reserved.