土地 家づくり

土地っていくらで買えるの?相場の調べ方を詳しく解説します!

更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注文住宅を検討しているあなたは住みたい場所が決まっていますか?

家づくりの始まりは「土地を買う」ことから始まります。

土地の価格は敏感で、新しい道路計画や流通量、方角、周辺の環境や人気がどのくらいあるかなど、様々な要因によって相場が変動します。

極端な話で言うと、道路を挟んでこっち側とあっち側で土地の価格が全然違うということもあるのです。

 

土地選びの時にこんなところに着目すると、お得に買えるかも・・・という内容の記事を書きました。

では、そもそも土地の相場とはどうやって知ればいいのでしょう?

欲しい土地がはたしてお得なのか、それとも近隣の相場よりも割高なのか?

希望の土地を賢く選ぶためにも、「相場」を知ることは重要です。

今日は、土地の相場を知る方法をご紹介します。

 

現在販売中の土地の値段から相場を調べる

不動産屋のチラシをチェックする

まず多くの方がここから土地探しを始めるのではないでしょうか?

新聞の折り込み広告など、不動産屋のチラシで値段をチェックするのがいちばん手軽な方法です。

 

チラシに載っているような土地や建物の情報には大きく分けて3つの種類があります。

売り主と一般媒介契約を結んでいる物件の情報

専任媒介契約を結んでいる物件の情報

専属専任媒介契約を結んでいる物件の情報。

細かい説明は割愛しますが、結論から言うと不動産屋からすると

専属専任媒介契約>専任媒介契約>一般媒介契約

という順で売りたい物件(チラシに力を入れたい物件)が決まっています。

つまり、チラシ内ですごくお勧めしている物件(掲載しているスペースが大きい物件など)は、土地や物件の価値がどうとか、お買い得品とかそういうことではなく、そのチラシを使っている不動産屋が「売りたい物件」ということが多々あります。

 

また、不動産取引には「指値(さしね)」と言って、売り出している金額に対して買主が「○○○○万円にしてくれたら買いますよ」という購入金額を買主が指定するケースがよくあります。

そもそも売り出し金額(チラシに載っている金額とは、)売り主が売りたい金額であるということを忘れてはいけません。

例えば、ローンがまだ○○万円残っているからそれ以上の金額にしたいとか、売り主の事情が反映されている金額の場合があるのです。

(逆に売り急いでいるから安く金額設定している場合もある。)

もちろん、近隣の相場などある程度調べたうえで価格設定していますが、購入希望者の予算に届かない場合や、明らかに近隣の相場とずれているときは指値をし、売り主が納得すればその金額で取引が行われます。

つまり何が言いたいかというと、不動産屋のチラシに載っている土地の金額はあくまで売り出し価格のことで、実際の取引価格とは違う場合があるということです。

また、A不動産のチラシに載っていない物件がB不動産のチラシで大きく掲載されていたり、その逆もあり得るということ。

近隣の相場を本格的に調べようとするならば近隣の複数の不動産屋のチラシをチェックするべきです。

 

インターネットの不動産情報をチェックする

忙しい人にはこの方法がやっぱり一番。

インターネットのいいところは何と言っても情報量の多さ。

媒介契約については上記に書いた不動産屋のチラシと一緒だけれど媒介契約の差をチラシのようにあからさまに感じさせないのがインターネットのいいところ。

(つまり、どの物件も公正さが感じられるという事)

 

基本的にはレインズやアットホームという不動産屋が使う物件情報登録システムによる情報がほとんどの為、不動産屋によって大きな違いはありません。

けれど、専任媒介(契約している不動産屋にしか売買できないという契約) の情報などは他業者には共有されない情報なので要チェック。

離婚するから自宅を売りたいとか、実は競売にかかりそうだからその前に売りたいとかいう

「隣近所にはあまり知られたくない」というのがたまにあるんですよね。

近所の人にばれちゃうからチラシに載せたくないけど早く売りたいという事情がある場合。

こういうのを未公開物件なんて言ったりするんですけどこういう物件こそ、お得に買えるチャンスがある物件なんです。

なかなか未公開物件を素人が探すことは難しいので、土地を探す方法としてインターネットの一括紹介サービスというのもいい手段です。

こちらのサイトには未公開物件についての詳しい説明が書いてあるのでぜひチェックしてみてください。

非公開物件・未公開物件を探すならタウンライフ不動産売買 公式HP

 

 

国が発表している評価額から相場を調べる

 

地価公示価格(国土交通省土地鑑定委員会)

毎年1月1日時点において、都市計画区域の中で標準的な土地1㎡あたりの「正常な価格」を判定し公表している価格のことです。

ここで言う「正常な価格」とは、売り急いでいたり、何か特別の事情がない一般的な売買において取引が成立するであろう価格のことです。

不動産屋や住宅買取業者が土地の査定をするときに参考にすることが多いです。

毎年ニュースで「銀座山の楽器店本店」の値段が上がったとか下がったとか報道されますが、これが地価公示価格であり、その年の不動産取引の指針にもなっています。

標準地基準値検索システム 国土交通省地価公示・都道府県地価調査

 

路線価(国税庁)

路線価とは、道路に面している宅地の1平方メートルあたりの評価額です。

公示価格と違うところは、課税価格(固定資産税や贈与税など)を計算する際の基準となるもので国税庁により毎年発表されているということです。

路線価がない地域もあり、その場合評価倍率表というもので算定することができます。

路線価は地価公示価格等を基準として算定した価格の80%により評価しているので、実際の市場取引価格と比べると安くなっています。

財産評価基準書 路線価図・評価倍率表

 

 

取引事例から相場を調べる

 

今度は実際に取引した金額から相場を調べる方法です。

取引事例の相場をわかっていれば、指値がしやすいのでぜひ取引事例をチェックしておいてください。

土地を購入する際に、住みたい場所から決めるという人が多いと思います。

国土交通省が提供する土地総合情報システムというサイトの不動産取引価格 情報検索で是非、希望の場所をチェックしてみてください。

まずは左下の3地域を選ぶの欄を入力してください。

今回は、神奈川県/横浜市青葉区/美しが丘というところで検索してみます。

美しが丘周辺の地図が出てきました。

いくつか地名の隣に数字が書いてあるのがわかるかと思います。

そのうちの一つをクリックしてみましょう。(画面赤枠)

水色の枠に

土地取引件数:119件
取引価格情報: 14件

と書いてあり、その下に詳細表示と書いてありますので、それをクリックしてみましょう。

するとこのような画面に切り替わります。

これは直近にこの地域で行われた土地取引の詳細になっています。

いわゆる販売事例です。

 

この表を見てみると、その地域の大体の相場がわかってくるので参考にするといいでしょう。

もちろん、不動産屋もレインズというシステムによって近隣の取引事例を把握しています。

なので、明らかに近隣の相場よりも高い場合は少し値引きをしてくれる可能性があります。

逆に明らかに安い場合は売り急いでいる何らかの原因があると考えられます。(離婚や相続の現金化、または物件自体の瑕疵など)

 

 

【まとめ】一番賢い土地の探し方

長々と書き、混乱させてしまったかもしれません。

これらの情報をすべてチェックするというのは、忙しいあなたにはちょっと難しいかもしれません。

私がおすすめする一番賢い土地の探し方は

大体の希望の場所をピックアップする

ピックアップした地名の販売事例をチェックして相場を頭に入れる

相場が予算内の場所(地名)をさらにピックアップする

ピックアップした場所の近隣のリサーチをする(例えば駅までの距離、買い物施設、学校までの距離など)

まずはここまでが希望の土地の場所の選び方

 

ポイントは地名を3個くらいまで絞ること。

あまりにも数が多いと情報が多すぎて振り回されます。

ここまできたらあとは集中的に土地の情報を探すのみ。

これはもう、先ほども書いたように未公開物件も閲覧できるインターネットの一括検索が簡単でおすすめ。

 

\\ 非公開物件&未公開物件を60秒でスピード検索 //

 

不動産屋で土地を探す場合、あなたが希望する土地に出会えるかどうかは、本当に担当の営業マン次第です。

不動産屋が売りたい物件ではなく、あなたが欲しい物件を探してくれる営業マンかどうか。

これを見極めるのが難しいからこそインターネットの一括検索サービスをおすすめします。

今回は土地の相場について書きましたが、次回は注文住宅の「家」の値段について書きたいと思っています。お楽しみに。

 

 

 

 







-土地, 家づくり

Copyright© くらし考案 , 2019 All Rights Reserved.