インテリア 私のおすすめ

BenQの親子デスクライトMindDuoを使うとリビング学習に集中できるワケ

更新日:

 

本日の我が家のリビング学習風景です。

おいおい、あれだけ熱く語っていたリビング学習が集中できる裏技はどうしたんだ!?と突っ込みを入れてくれる我がブログの熱狂的読者様はいらっしゃいませんか?!

 

裏技の詳しい説明はこちらの記事をどうぞ
>>>集中できないリビング学習から激変!集中できるリビング学習へ

 

最近の我が家の小学生たちはその日の予定や宿題の内容によって、自分の部屋の勉強机でやったりリビング(ダイニングテーブルやコクヨのデスク)でやったりと勉強する場所を自分で使い分けています。

>>>リビング学習にはコクヨ(KOKUYO)の学校生徒用デスク・椅子セットが一押し!

 

私の考えとしてはリビング学習が必須なのは低学年まで。

高学年になったら、子供自身がいちばん集中できる場所で勉強すればいいかなと思っています。

けれど、実は次男が来年の4月から小学生になるので、また集中してリビング学習できる環境を整えなくては・・・と考えていました。

そんなときに、BenQさんから親子デスクライトMindDuoのモニターのお誘いをしていただきました。

正直にお話ししますとそれまで親子デスクライトMindDuoという商品のことを全然知りませんでした。

そこでこのMindDuoについてBenQさんのHPをよく読み調べてみたうえで、今回、BenQさんからありがたく提供していただくことにしました。

というのも、私はいままで、子供が集中して勉強するために明るさがこんなにも関係しているなんて、思いもしなかったのです。

目を守り、やる気を応援する こどものために開発されたあかり

BenQさんのHPには親子デスクライトBenQ MindDuoについてこう書かれています。

また、目が喜ぶ、頭が冴えるというキャッチフレーズは目から鱗でした。

 

適切なスタンドライトを選ぶことで、ただ勉強できる場所を用意するのではなく、子供の目に優しく、より集中できる学習環境を与えてあげられるなんて。

 

実際にBenQ MindDuoを使ってみて、あまりの高性能に衝撃をうけました。
(とともに、今までの無知な自分に反省しました・・・)

子供たちの正直な感想とともに、親子デスクライトBenQ MindDuoの商品レビューをご紹介します。

 

 

BenQ MindDuoのすごいところ

高級感と未来感がありすぎる

さっそくBenQさんから届いたBenQ MindDuo

実は一番楽しみにしていた長女と一緒に開封の儀。

HPで一通りの下調べはしておきましたが、思っていたよりも軽い・・・!

もう一度HPで調べてみると1.2kgとのこと。

次男のリビング学習用の机だけでなく、あちこちとヤドカリのように移動しながら勉強する長女や長男もこれならMindDuoと一緒にお引越しできそう。笑

BenQさんは台湾のメーカーですが、日本語の説明書もちゃんとありますよ。

机に直置きするスタンドタイプと

机の端に引っかけるクランプタイプがありますが、わたしはクランクタイプをチョイスしました。

とりあえず、ダイニングテーブルにクランプを装着。

厚さ6cmまで対応可能とのことで問題なし。

素材はアルミとポリカーボネート。

プラスチックの安っぽさが皆無です。

むしろ、なんていうか・・・

娘)未来感すごい!

だそうです。

ダイニングテーブルに設置完了。

ご覧のとおり、USBポート(1A)付き。

このあたり、今どきのデスクライトって感じ。

我が家の子供たちもしかりですが、今後はますますメディアでの学習が増えていくと思うので、充電しながら勉強できるとはなかなか便利な機能ですよね。

 

アーム部分の操作性もとてもいいです。

高級感があり動きも滑らか。

なんというか・・・・

歯医者さんのライトのような?!

軽い力で自在に動かすことができます。

(後日BenQの担当者さんから、BenQのライトは手術用のライトにも使われていると伺いました。どうりで性能がいいわけですよね!)

 

それから、あとで詳しく後述しますがこのBenQ MindDuo、照明の電源を入れるオンオフのスイッチがないんです。

え?なんで?

と、とりあえず説明書を読んでみると、コンセントをいれたら3分間は何もしてくれるなとのこと。

なんでも

ランプを電源に接続すると、ランプに搭載された赤外線センサーの校正が自動的に開始されます。
このプロセスには3分ほどかかります。

とのこと。

なんだかよくわからないけれど、未来感がすごすぎます。

 

とにかく照明範囲が広い

BenQさんのHPに目が喜ぶ、頭が冴えると書かれていた通り、暗い照明や眩しすぎる光のもとでは目が疲れてしまい学習や読書に集中することができません。

しかし、そもそもリビングはほとんどの場合、学習するための照明を考慮していません。

例えばダイニングテーブルの上の料理がおいしそうに見えたり、ソファーでリラックスしながら映画を見たりできるよう照明を計画していたとしても、ダイニングテーブルで勉強するときの照明は考慮していない場合が多いという事。

照明の大切さを知った今、こんなことを書くのはとても恥ずかしいのですが、今までの我が家のリビング学習時の照明は天井のダウンライト(しかも1つ)頼りでした。

このほかに、キッチンのLEDダウンライトと、

色付き蛍光灯の間接照明

リビング全体を明るくするLEDダウンライト。

リビングの照明はこれがすべて。

だからこそ、リビング学習には学習用のテーブルライトが必要なのです。

全体的な明るさは問題ないと思っていたのですが、子供たちはよく勉強中、「暗くて嫌だ」と言っていました。

生活するうえの明るさは保たれていたけれど、集中して勉強するための明るさ、光の種類ではなかったというわけです。

 

LEDのダウンライトの光は直線的なので、ダウンライトの真下は明るくなるのですが、その周辺は逆に暗く感じてしまうんだと思います。

(スポットライトをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。)

また、ダウンライトの真下で勉強すると自分の影がかなりはっきりうつることで、机の上が暗くなってしまい長男は顔をどんどん机に近づけるようになり、とっても姿勢が悪いのが悩みの種でした。

 

BenQ MindDuoの威力が伝わりやすいよう、部屋を暗くしてみました。

さっそく点灯。

まずは左の机だけ光を当ててみます。

次は両方の机に当ててみます。

両方当ててもこんなに明るい・・・。

(もう一度書きますが、ほかの電気は消しています。)

コクヨの机は一般的な勉強机よりも小さいので光が有り余っている感じ。

 

ダイニングテーブルのほうがわかりやすいかしら。

まずはBenQ MindDuoを点灯しないとこんな感じ。

BenQ MindDuoを点灯してみると・・・

光の範囲がわかりますか?

あぁ、私の撮影スキルが低いばっかりになかなか伝わらないもどかしさよ・・・。

我が家のダイニングテーブルは90cm×210cmとやや大きめなのですが、BenQ MindDuo1台で机全体がかなり明るくなっているのがわかると思います。

 

BenQさんのHPによると照明範囲はなんと95cm

新聞の見開きが81.2cmなのでそれ以上!

照明範囲の広さを実感していただけるでしょうか?

 

一般的な学習机のほぼ隅々までを明るく照らすことが可能なのです。

 

で、この照明範囲の広さの秘密がBenQ独自の広域導光ルーバーにあるそうな。

これ、何がすごいって、この形。

反り返っているのがわかりますか?

私、最初に箱から取り出したときうっかり反対に使うところでした。

こんな感じで。笑

この方が自然な感じしません?

でもこのBenQ MindDuoは反り返っているのが正解。

 

この広域導光ルーバーが眩しさを感じさせない、均一な光を実現してくれています。

 

考えてみたら当たり前ですよね。

内側に丸まっているよりも、反り返っているほうが照明範囲が広がるはず。

考えたらわかることなのに、そんな照明が今までなかったのはきっと、そうする技術がとても難しいからなんだと思います。

 

光量と色温度が無段階で調整可能

ルーバーの上にあるこの丸いロータリーノブ。

実はこのロータリーノブをくるくる回すことで、明るさを自由に調整することができます。

 

ロータリーノブを時計回りに回すと明るくなり

反時計回りに回すと暗くなります。

で、ここからがこのBenQ MindDuoの凄いところ。

スマートインジケーターと言って、明るさの状態を3色で表示してくれるのです。

ロータリーノブの真ん中が赤くなっているときは暗すぎ

青くなっているときは明るすぎ

緑になっているときは良好

 

BenQさんによると、机の上の明るさと周囲の明るさとのバランスは大切なポイントだそうです。

手元の作業に集中していて、ふと周りを見回したとき明るさの差が大きいと目が疲れたり、まわりが明るすぎると集中できないそうです。

 

それらを踏まえたうえで目に優しい、最適な明るさをお知らせしてくれます。

 

これはわかりやすくて便利な機能ですよね。

このための起動開始3分間の待機だったんですね。

ハイテク過ぎて驚き・・・。

 

また、明るさとともに大切だと言われているのが色温度というもの。

聞きなれない方も多いかと思うのでサクッと説明すると色温度とは、太陽光や人工的な照明などのある光源が発する光の色を数値を用いて表現する単位のことで○○○○ケルビン(K)と表します。

ケルビンの数値が低いほど赤みを帯び、数値が高いほど青みを帯びた白色になります。

 

出典:模型・ホビー・クラフトのためのLED専門店 マイクラフト より

 

で、BenQさんによると青白い昼光色は覚醒効果があるため勉強に、赤い電球色はリラックス効果があるためデジタル読書に適しているとのこと。

明るさの調整モードと色温度調整モードは、ロータリーノブをワンクリックして切り替え可能。

ロータリーノブを反時計回りに回すと昼光色から電球色に変化して

時計回りに回すと電球色から昼光色へ。

 

 

難しいことはプリセット機能でBenQ MindDuo任せ

色々書きましたが、明るさの調整とか色温度とか難しい・・・という人にはうれしすぎる機能も。

ロータリーノブを2秒間長押しすると、まわりとのバランスのとれた明るさに自動調整してくれる上に

新聞や本を読む時のモードとデジタル読書をする時のモードが、長押しするたび交互に切り替わるんです。

画面中央に小さく緑色の丸が光っているのがわかりますか?

これがデジタル読書モード。

リラックスしてパッドなどを見たいときはこのデジタル読書モードで。

赤くなっているときは新聞や本を読む時。

勉強するときはこちらでどうぞ。

 

いままで、明るさの割に光が強く教科書に光が反射してしまうところも、子供たちにとって勉強に集中できない原因の一つになっていました。

 

ワンタッチで最適な明るさにしてくれるなんて、なんて素晴らしいんでしょう・・・。

また、バランスの取れた光だからLED特有の多重影ができにくいそう。

手元の影って結構気になるから、これはうれしい限り。

 

自動で点灯・消灯

一番初めに、BenQ MindDuoには電源スイッチがないと書きましたが、実はセンサーに手をかざしてオンオフの切り替えができるんです。

ON OFFとかかれているところにセンサーがあります。

ここに手をかざせばOK。

これがなかなか子供たちに好評でした。

自動で付いたり消えたりするのが楽しいらしく、BenQ MindDuoを机にセットすると誰かしらが席につきたがります。

 

リビング学習において、勉強をするかどうかはきっかけがとても大事だと感じています。

意外とこんな小さい楽しみが勉強を始めるスイッチになってくれたりすると思っています。

 

実はもう一つ、とっても便利な機能があるんです。

ロータリーノブの裏側に、ON OFFスイッチがあります。

このスイッチをONにしてBenQMindDuoに近づくと、人感センサーに反応して自動で点灯、離れると30分後に自動で消灯します。

これは消し忘れに安心な機能ですよね。

 

我が家の長男のように、電気をつけることすら面倒がるズボラ息子にも点け忘れがなくなっていいなあ。

 

BenQ MindDuoのデメリットを探してみた

BenQ MindDuoの素晴らしいところばかり紹介してすでに4700字超え!!

ちゃんとデメリットも検証してみましたので、もう暫くお付き合いしてくださいませ。

 

スタイリッシュなデザインなのに、コードが残念すぎる

これが本当に残念!

なんというか、昭和なコタツのコード??

こんなコードにしたのにはなにかわけがあるのかしら?!

普通の白いコードにはできなかったんだろうか・・・。

 

壁付の机に設置するならあまり気にしなくてもいいと思うけれど、そうでないなら気になる人は結構いるかも。

 

差し込みプラグの形状がコンセントを選ぶこと

あとは、我が家限定ですが

コンセントの形状上、我が家の床埋め込みのコンセントにはさせませんでした。

アダプターと差し込みプラグとが別になっているごく普通のプラグだったらよかったのに・・・。

タコ足配線の方や、コンセントをさすスペースが狭い人は要注意です。

 

 

BenQ MindDuo 結局どう??

ここまでいい点も悪い点も色々書きましたが皆さんお気づきの通り、BenQ MIndDuo、総合的にみてかなりハイスペックな優秀デスクライトです。

完全にお勧め。

 

長女は機能がどうこうよりも、BenQ MindDuoのスタイリッシュで高級感のある見た目に惚れているし、長男は教科書が読みやすくなったと言っています。

我が家では、今後BenQ MIndDuoの争奪戦が繰り広げられることでしょう。

(まずは次男のリビング学習用が先!と母は考えていますけど・・・。)

 

今回おすすめしているBenQ MindDuo親子ライトはアマゾンで購入可能です。

 

クランプタイプ・・・小さめの机にはクランプタイプがおすすめ

     

 

 

スタンドタイプ・・・持ち運びに便利なのはスタンドタイプ

     

 

アマゾンにもレビューがたくさん書かれているので、ぜひそちらもご覧ください。

 







-インテリア, 私のおすすめ

Copyright© くらし考案 , 2019 All Rights Reserved.