雑記

火災保険でリフォームしても本当にいいの?騙されない方法も詳しく解説

更新日:

GLady / Pixabay

「火災保険を使って自宅を修理しませんか?」

と勧誘されてトラブルになるケースが近年相次いでいます。

  • 修理の必要がないところを指摘して無駄に不安を煽ってくる
  • リフォーム後に高額な費用を請求される
  • 高額なキャンセル料を請求される

このような詐欺まがいの被害にあわれた方もたくさんいるようです。

ここ最近の大きな台風の被害を受けてしまった人にとっては本当に許せないですよね。

 

実はこの記事を書くきっかけも、親友の自宅にとあるリフォーム屋が営業に来たことでした。

火災保険を使って自宅のリフォームをしてくれるって言ってるんだけど本当かな?

私はその時、自宅の修理費用が火災保険でまかなえるなんてことを知りませんでした。

火災保険って、火事の保険じゃないの??

怪しい・・・

詐欺なんじゃないの??

大切な友人のことがとても心配になりました。

 

今現在、同じような状況のあなたが、安心して自宅のリフォームをすることができるように

  • 火災保険でリフォームしている人って本当にいるの?
  • 火災保険を使ったリフォームの詐欺ってどんなこと?
  • 悪徳業者に騙されないためにはどうすればいいの?

という疑問にお答えします。

 

\\火災保険を使ったリフォームのプロに無料で相談する//

 

火災保険を使ってリフォームをしている人ってどのくらいいるの?

 

そもそも、火事以外での自宅の損壊について保険金を受け取ってリフォームすることは本当に可能なのでしょうか?

損害保険料率算出機構の火災保険・地震保険の概況2018年度版によると、火災保険金が支払われる場合として火災・落雷・破裂・爆発のほかに『自然災害、その他』という項目があります。

自然災害

  • 台風や竜巻で屋根が飛ばされた場合
  • ひょうが降って屋根に穴が開いた場合
  • 豪雪によって建物が壊れた場合
  • 豪雨による洪水で家が床上まで浸水した場合 など

その他 

  • 家財が盗まれたり、泥棒によって鍵や窓が壊された場合
  • 水道管から水が漏れ、床が水浸しになった場合
  • 建物に自動車が飛び込んできた場合
  • デモに伴う暴力行為があり、建物が壊された場合
  • 掃除中に誤って窓ガラスを割ってしまった場合 など

(引用:損害保険料率算出機構より)

と、思った以上にいろんなケースで火災保険が支払われていることがわかります。

(加入している保険の内容によって異なります)

大手損害保険会社はもちろん、セコム損保、楽天損保、AIG損保などあまり聞きなれない保険会社の火災保険でも火災だけでなく風災、水濡れ、物体飛来などカバーしているので、火災保険を使って火災以外の自宅の損壊を修理できるというのは、どうやら本当のようです。

下のグラフは支払われている保険金の推移を表しているのもです。

(参考:損害保険料率算出機構HPより)

2011年以降は多くの人が自然災害により保険金を受けていることがわかりますね。

また、自然災害の中でもどの種類の災害によって保険金が支払われたかというグラフがこちら。

(参考:損害保険料率算出機構HPより)

自然災害の中でも、風災ひょう災がダントツで多いようです。

(2013年に雪災が突出して多いのは2012年12月から2013年2月にかけての記録的大雪が原因ですね。)

ここ数年の台風では、連日テレビで報道されるほど甚大な被害が多いので納得できます。

ここまで見てみると、かなり多くの人が自然災害による火災保険金を受け取っていることがわかりました。

ポイントは経年劣化ではなく、自然災害による損壊のためのリフォーム費用ならOKということだね

 

火災保険を使ってリフォームしたい人を利用した詐欺事件の内容とは?

国民生活センターの公表によると火災保険を使ったリフォームに関するトラブルは高齢者からの相談を中心に年々増加しているようです。

下のグラフは「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスの年度別相談件数です。

(参考:独立行政法人 国民生活センターHPより)

先ほどの火災保険の支払件数のグラフと同様、こちらも右肩上がりです。

では具体的にどのような相談が多いのでしょうか。

 

ケース1 支払われた保険金が少なかった時のトラブル

火災保険の申請する場合、被害箇所の写真や業者の見積書を申請書と一緒に送付します。

この時に、業者が出した見積りよりも減額される場合が多々あります。

火災保険を使って見積書の記載通りにリフォームしようと思ったのに、お金が足りない。

そこで工事をキャンセルしたいと業者に申し出たところ、

  • 違約金を払え
  • キャンセル料を払え
  • 被害箇所の調査費用を払え

などと、言われるケースがあるようです。

この場合、被害箇所の調査や見積書を書いてもらう、など実際の作業に入る前に

  • 申し込み時にキャンセル料などの十分な説明をしてくれない
  • 契約書をもらえなかった

ということが原因の場合がほとんどです。

また、契約書がないためクーリングオフにも対応してくれないという業者もいるようです。

契約や工事を急かすような業者は要注意だね

 

ケース2 保険金が支払われたのに業者が工事をしてくれない

いざ保険会社から保険金が支払われ、業者へ無事お金が用意できたから工事を始めてくださいと連絡したものの、ちっとも工事を始めてくれない。

いつから工事を始めるつもりなのか連絡しても、のらりくらりと話をかわされ、具体的な話が進まないというケースがあるようです。

この場合、業者の目的はこちらから、「もうお宅で工事をするのはやめます」と言わせること。

そして、キャンセル料や違約金を支払わせるのが目的です。

違約金や調査費用はきちんと確認することが大事だね

 

ケース3 修理の必要がないのに不安を煽るようなことを言われる

ある日突然リフォーム業者と称して知らない人がやってくる。

そして、

  • 屋根の板金がはがれそうになっているから今すぐ交換しないと隣の人の家に飛んで行ってしまうかもしれない
  • 今すぐ雨どいを修理しないと次に大雨が降ったら大変なことになる
  • 基礎のひび割れを直さないと家が沈んでしまう

など、本当は今すぐ修理しなくてもよかったり、なにも不具合がないのに今すぐ直さないと人に迷惑を掛けたり、自宅が壊れてしまうなど不安を煽るようなことを言われ、すぐに工事をするようにと迫られるケースがあるそうです。

また、調査目的で屋根の上に登って、家の持ち主が見ていないところで故意に釘を抜いたりして、「今すぐ修理しないと危ないですよ!」というさらに悪徳な業者もいるようです。

信頼できる業者にお願いすることが大事だね

 

ケース4 うその理由で保険金を請求すると言われた

保険金詐欺の片棒を担がされるという事案。

先ほども書いたように、火災保険を使って修理できるのは、自然災害による損壊箇所。

経年劣化による損壊のリフォームは、火災保険を使うことはできません。

それなのに、ここは台風のせいで壊れたことにしましょうと提案して来たり、工事費用自体を本来かかる費用以上に水増しして請求しましょうと言ってくるケース。

経年劣化とわかっている場合ももちろんですが、原因が不明な場合も申請できないので要注意です。

 

代わりに申請してあげるよというのもダメです。

保険の申請は、原則被保険者本人です。

このような行為は成りすまして保険金をだまし取る詐欺行為です。

このようなことを言ってくる業者は信用したらダメ!

 

火災保険を使ってリフォームしたいけど、悪徳業者をどう見抜けばいい?

火災保険を使ったリフォームには「無料でできる」という言葉がうたい文句の場合が多いです。

もちろん、信頼できる業者でお願いすれば、実際に無料で(自己負担なしで)リフォームすることが可能です。

では、悪徳業者をどう見抜けばいいのでしょうか?

 

正しい申請のしかたをしない業者は×

保険を請求し、実際に保険金を受け取るには正しい申請をすることが絶対条件です。

成りすましや水増し請求などは絶対にダメです。

申請書はこちらで送っておくよ、という業者はなりすまし業者です

下の表は、水漏れの不正請求が疑われる事案の特徴をまとめたものです。

このように、自然災害による故障ではないものを風水害のせいにして申請するケースが多いです。

(参考:2019年日本保険学会関東部会報告用レジュメより)

また、損壊箇所の写真を見て不正事案だと疑われる事案の特徴はこちら。

(参考:2019年日本保険学会関東部会報告用レジュメより)

保険会社はプロなので、送られてきた写真をみて大体の不正はわかるようです。

人工的に作られた損害には不自然さがわかる特徴があり、写真を見た段階でもある程度の不信感を感じさせる

(引用:2019年日本保険学会関東部会報告用レジュメ より)

 

正しい申請をしなければ保険金を受け取れないばかりでなく、保険の加入自体できなくなることもあるので絶対にしないように。

 

契約書をくれない業者は×

契約書自体ないという業者や、契約書はあとから送りますという業者は要注意です。

違約金やクーリングオフについて記載されていない契約書を渡してくる業者も危険です。

 

違約金やキャンセル料が異様に高い業者は×

違約金やキャンセル料を目的とした悪徳業者もいます。

違約金が50%など、異様に高い場合は注意が必要です。

また、申し込み時にこれらの説明をしない業者も怪しいです。

違約金に関する説明をし承諾を得たうえで、わざと高額な請求書を送ってきてキャンセルさせるという業者もいるようです。

 

とにかく工事を急ぎたがる業者は×

まずは調査をさせてくださいと勝手に足場を作り出したり、「今繁盛期なので、せっかくだから今日やっちゃいましょう」と工事を始めてしまう業者には注意してください。

特に調査の場合、調査にかかる費用は有料なのか無料なのか、無料の場合は工事をしなくても無料なのかをきちんと確認すること。

口頭でなく、書面があったほうがなお安心ですね。

 

火災保険を使ってリフォームするには結局どこに頼めばいいの?

火災保険を使ったリフォームによる相談件数がこれだけ多いとなると、知らない業者にお願いするのは怖くなってしまいますね。

また、素人には損害箇所が経年劣化によるものなのか自然災害によるものなのかがわからない、ということも不安を倍増させますよね。

それに、壁の中や基礎など隠れた被害を自分で見つけられる自身もありません。

昔から付き合いのある業者さんがいるのなら、そこへ頼むのがいちばん安心かもしれません。

もしも、そのような業者さんがいない場合は、火災保険を使ったリフォームを得意とする、または専門としている業者に頼むのが安心です。

今回、色々調べた中で私がおすすめする業者は全国建物診断サービスという業者です。

全国診断サービスをお勧めする理由

  • 築12年から50年の建物に関しては調査料が無料
  • 一級建築士が自然災害による被害を丁寧に調査し見つけてくれる
  • 申請に必要な写真をプロの目によって撮ってくれる
  • 保険の申請、保険会社との調査員とのやり取りについてアドバイスをくれる
  • 保険料の増額が期待できるような詳細な見積書をくれる
  • 保険金がおりた金額で工事の内容を調整してくれるので自己負担ゼロでリフォームできる
  • 見積書作成、申請サポートなど全て無料
  • 今なら調査で5000円のキャッシュバックモニターあり

リフォームまでの流れがとても明確で安心できます。

基本的に、保険金がおりる前に工事をするのはリスクがありすぎます。

リフォーム工事は保険会社から保険がおりてから始まります。

また、その際に、

  • 保険金がおりなかった
  • 減額されて予定していたよりも保険金が少なかった

という場合でも工事を中止しても調査費用やキャンセル料が発生しない、というところが安心ですね。

リフォームや保険など、素人にはよくわからないことがたくさんあるので、火災保険によるリフォームを専門としている業者は心強い味方になってくれると思います。

 

\\火災保険を使ったリフォームのプロに無料で相談する//

 

 

 

 







-雑記

Copyright© くらし考案 , 2019 All Rights Reserved.