家づくりの教科書 家を建てよう 設備・仕様

我が家の玄関のコンセプト

更新日:

外国人がイメージするThe Japan を目指したい

え??わかりづらいって??
よく言われます・・・

昨日、玄関ドアの記事を書いたので

玄関ドアは引き戸をおすすめします

玄関は家の顔 物置の整理と一緒に庭の手入れもしたので、庭に生えていた雪柳の枝を適当にカットして玄関に飾ったらなかなかいい感じになりました。   この玄関ドア、ドア自体のデザインはいまいち好み ...

続きを見る


せっかくなんで、もう少し玄関のご紹介を・・・

で、
冒頭の『外国人がイメージするThe Japan 』ですよ。
も少し詳しく言うと、
アメリカ人がイメージする??

アメリカの映画って、たまに
なんか、日本のこと勘違いしてない??
って感じのシーンが出てきませんか??
チャーリーズエンジェルとかオースティンパワーズとか、キルビルとか。
日本をイメージしたシーンに
やたら芸者とか、侍とか、推してくる感じ。
和室に金とか赤の壁があったり、
刀が飾ってあったり、
得体のしれない仏様的なのが置いてあったり。
アジアのいろんな国がミックスしてるのか
日本人の感覚からすると
それないだろ!と思わず突っ込みたくなっちゃうような。

結構好きなんです。
見ていて、内容うんぬんより、
世界観が楽しくて。

そういう感じ、なんですけどわかります??
純和風ではなくて、
日本寄りのエスニック
って感じですかね。
和風・・・・・ではないよね?
じゃ、何風??
みたいな。

だから、本当は玄関の壁に朱色を入れたかったんですけど、
これは家族と設計士さんに反対されてしまいました。
そのかわり、赤でも、金でも、お好きな絵でも飾ってください
と、玄関の一番大きな壁にピクチャーレールを付けてもらいました。
が、今は
母が趣味で作っているステンドガラスをかけるスペースとなってしまい
日本寄りのオリエンタル感、
かなり薄くなってしまっています・・・。

ちょっと前までは
主人が骨董市で見つけてきて、私にプレゼントしてくれた真っ赤な花の絵を飾ってました。
裏に、カタカナでシャガールってサインしてありました(笑

大きな花器はとっても便利です。
今は庭の雪柳を活けてますけど
花屋さんで枝ものを買ってきて活けることが多いです。
鉢植えの観葉植物だと、
末っ子が土いじりを始めるので
そのかわり、です。
枝ものだと、1週間に1度くらい水を変えればいいし、
(花屋さんに怒られますかね?!)
けっこう長持ちするのでお勧めです。
見た目のインパクトもありますよね。
春は桜の木を飾ったりして。
家族にも好評ですよ!

 

植物がきれちゃったときは季節の小物的なのを入れたりします。
ほおずきとか、松ぼっくりとか。
今の季節だったらハロウィングッズですかね。

ガーデン用品屋さんでは「省スペースで楽しむハロウィン特集」で5%オフクーポンを配布していますよー!

 

この棚は自宅建築中に、とあるリサイクル屋さんで一目ぼれして買ったものです。
どこかの国の骨董と聞いたんですけど
チベットだったか、モンゴルだったか・・・・。
どこだったか思い出せません。(涙

帽子を置いているスツールは、大正時代のものだとか。
その隣に置いてあるのは照明です。

以外にも、記事が長くなってしまったので
玄関ネタ続きます!







-家づくりの教科書, 家を建てよう, 設備・仕様
-,

Copyright© くらし考案 , 2020 All Rights Reserved.